夏場と冬場も保湿第一

日々のスキンケアに関しまして、私は幼い頃からアトピー性皮膚炎持ちのため人一倍努力をしているつもりです。基本は「季節を問わず、常に保湿」を心掛けること。

 

先ず、お風呂上りに関してです。お風呂上がりは最もお肌が乾燥しやすいと言われています。その為、タオルで体を拭く際は擦らず押し当てて水分を吸収する様にします。そして少しでも感想を避ける為、私は浴室の中で足の裏以外を拭いてしまいます。次に、拭き終えてから脱衣所に戻ります。戻りましたら何より先に化粧水をお顔に、首に、腕に馴染ませます。首と腕は特に乾燥が気になる為行っています。そしてその後は保湿クリームを重ね、脚やボディにもクリームを馴染ませれば終了です。

 

また、お風呂上り以外では朝や、時間のある昼間などに気づくと蒸しタオルで顔を温める様にしています。蒸しタオルが終わった後は、ここでもまた迅速に化粧水、保湿クリームの流れで保湿を行います。

 

最後に、スキンケア=お肌の保湿と言う考えから、水分補給は常に怠らない様に心掛けています。1時間にコップ1杯分のお水を摂る事。これが大事だと思っているので仕事中など難しい時以外は常に心掛けています。

話題の美白化粧品はこちら

また、年齢が出やすい手の甲などは常に持ち歩いているハンドクリームでこまめに保湿をしています。ついつい使って置き忘れをしてしまうことが多かったのですが、そうなると乾燥した時にすぐ使えず不安になってしまう為、今ではあらゆる場所にハンドクリームを置いてあります。